« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月29日 (火)

曙祭礼パレード会議でした

曙祭礼パレード会議でした
こんばんは。
Nです。
本日は、8月22日に立川北口で行われる曙祭礼パレードの会議が立川二小家庭科室行われました。19時からでしたが、会社から2時間以上かかってしまい30分ほど遅刻して出席しました。
本日は、2回目の会議でしたが、神輿の順番やコースなど大まかな流れを決めました。
曙祭礼パレードには、我々のほかに曙東はやし連と青梅の黒澤ばやし連さんが参加します。
去年は、3団体がパレード開始前から立川駅前に陣取り居囃子を行い、神輿を迎え入れてからパレードの最後について廻るということになってましたが、当日になって警察からUターン禁止になったり、その他諸事情で中途半端なパレードになってしまいました。
その為今年は、今まで通り神輿と一緒に廻ることになりました。
まだ山車の位置は、決まっていないのですが、先頭、真ん中、最後と分かれることになりそうです。北口の場合バス路線の関係などで通行止めが出来ず、警察からの規制もいろいろかかるのでなかなか思うようなパレードが出来ないのが現状です。
次回でおそらくどのようになるかがほとんど決まると思います。
これから立川の夏祭りが終わるまでほぼ毎週何らかのお祭り関係の会議があるのですが、この前日付を間違えてしまったのでしっかり日程管理をしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

小若クラブ大成功

小若クラブ大成功
小若クラブ大成功
こんばんは。
Nです。
本日、待ちに待った小若クラブが立川高松会館にて開催されました。
開催までは正直初めての試みなので、どうなるかとの不安もありましたが、蓋を開けて終わってみれば結果からして大成功と呼べるものでありました。
参加者、関係者、ご来場者合わせると約二百名もの人々で会場は埋まり、まさに大盛況と言った様相でした。
各囃子連さんも練習の成果を存分に発揮されたと思います。各団体のお子さん達も普段見ることのない他団体のお囃子を真剣に見学しており、自分達以外のお囃子を見て刺激されたり勉強になったことと思います。
また、コラボレーションも立川以外の団体さんからのご来場者も参加して頂き、演奏、踊りと多くの方々が参加し予想以上の大変な盛り上がりでした。
そして最後のくじ引きも大人子供関係なく大いに楽しんで頂けたようです。
途中、エアコンの調子が悪くなり会場がサウナ状態になってしまい、出演者、ご来場とも汗だくでしたが、特に体調不良を訴える方もなく、無事終えることができました。
今年の成功により、来年再来年と立川おはやし保存会の新イベントとしての手応えを掴むことが出来たと思います。
本日は、出演者、関係者、ご来場者、そ実行部員の方々本当にお疲れ様でした。そして、多大なるご協力誠にありがとうございました。
また、本日の小若クラブの写真や映像は撮影班が撮影したものが立川おはやし保存会のHPにアップされると思いますのでよろしくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

いよいよ明日、小若クラブ開催

こんにちは。
いよいよ明日、小若クラブが開催されます。
私は明日開催だというのに本日は仕事で遅くなってしまいそうで、遅刻しないよう気をつけなければ。
先にも告知しましたが、部員の皆さんの集合時間は10時なのでよろしくお願いします。

また一般のお客様の開場は12時30分からです。
会場の場所や当日のプログラムは、当ブログとリンクしていますブログ「鳶と与助」さんに掲載して頂いておりますのでご確認ください。

また、ご来場頂くにあたってのお願いは「ひょっとこ君のお囃子日記 」に掲載されていますので、こちらも合わせてご確認頂けますと幸いです。
こちらには、当日のくじ引きの景品も掲載されています。
お囃子好きにはたまらない逸品です。
W杯で日本代表が勝つのを祈るくらい、当たるのを祈りましょう。

明日は梅雨特有のすっきりしない天気になりそうですが、出演者、ご来場者ともに楽しいイベントになることを祈ります。

さて、明日も仕事しろってことにならないようにしなければ。仮にそうなっても休みますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

10時集合

こんばんは。
Nです。
来週日曜日に開催される小若クラブですが、準備のため部員の集合時間は10時となりましたので、部員の皆さんは遅れないようにお集まり下さい。

世間はワールドカップで盛り上がっていますが、小若クラブもごく局地的に盛り上がりましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

重松流サミットその3 中里神明囃子連さん

重松流サミットその3 中里神明囃子連さん
重松流サミットその3 中里神明囃子連さん
重松流サミットその3 中里神明囃子連さん
重松流サミットその3 中里神明囃子連さん
重松流サミットでの中里神明囃子連さんの実演です。

ちょうど会場に着いたとき最初に会ったのが、先日の総会でお会いした女性のMさんとYさんでした。私の方は急いでいて気づかなかったのですが、お二人ほうが気付き声をかけてくれました。
「今日は、じっくり見学します」と言ったところ、「マズイ!」とプレッシャーをかけてしまったようでしたが、お二人とも非常に明るい性格なので実演の頃には忘れるでしょう。
で、実演。

まず獅子が、中里囃子連HP管理人さんの笛に合わせ軽快に舞います。
それにしても管理人さんの笛は、透き通る音色です。
リズムといいつい聞きいってしまいますね。
それから小さい岡目さんと大きいひょっとこさんが出てきます。
岡目さんは、大きいひょっとこさんにリードされて踊りますが、その仕種がなんとも可愛かったです。
そして岡目さんが引けたあと、小さいひょっとこさんなどが賑やかに出てきました。
ここで、先ほどお二人が締め太鼓を交代致しました。
大勢のギャラリーの前でやや緊張の面持ちのようでありましたが、しばらくすると慣れてきたのか、楽しそうに叩いていらしゃったようです。
そして最後屋台に変わり獅子とかわいい天狐が二匹。
そのままお二人も最後まで叩くようです。
お子さんの天狐は、まだ小さいのに上手に踊られており、足を舞台にかける様子はさまになっていました。
そして時間を使い切り終了。ギャラリーから大きな拍手が起こります。例のお二人は、まだ始めてから1年にも満たないということでしたが私からみたらホント?って感じ上手でした。中里神明囃子連さんは、まだ発足して四年ということですが、とてもそうは思えないですね。
それも皆さんがとても研究をされているからでしょう。
特に管理人さんは、若いのに立川おはやし保存会の中では、錦東会のひょっとこ様に匹敵するほど研究熱心です。
例のやる気茶屋などでも二人で熱く語ってます。
終わったあと、管理人さんに挨拶をしていたら他団体の年配の方が、「あなた上手かったねえ」と名刺を管理人さんに差し出しながら声をかけていらっしゃいました。
うーん、やっぱりベテランの方が聞いても上手いのかと改めて関心しましたね。これからも中里神明囃子連さんは楽しみですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

重松流サミットその2 錦東会はやし連さん

重松流サミットその2 錦東会はやし連さん
重松流サミットその2 錦東会はやし連さん
重松流サミットその2 錦東会はやし連さん
重松流サミットその2 錦東会はやし連さん
重松流サミットその2 錦東会はやし連さん
重松流サミットでの錦東会さんの実演です。

今日の持ち時間は、20分と比較的長かったのですが、ひょっとこ君のお囃子日記にも書かれていたとおり新ネタが披露され、素人の私がいうのも何ですが20分が短く感じるほど楽しめるお囃子でした。
おそらく小若クラブで披露されると思いますので写真だけアップします。
実際の踊りは小若クラブで・・。

また、失礼ながらつい笑ってしまったのはS君の大黒様でした。
ひょっとこ君のお囃子日記でも一夜漬けなのですぐに引っ込みますと書いてありましたが、予想以上に早くはけたのには、一緒に見ていたあお様と大笑いしてしまいました。
S君を知っているだけに笑えるのですが、これでいいのかなあ?という感じがまた面白いところでした。
あとでS君と話しをしましたが、一夜漬けでもとにかくやってみるというチャレンジ精神は立派だと思いました。
余談ですが、S君の大黒様が出てきた時、となりにいた方が「デカイなあ、2メートル近くあるんじゃないの?」なんて言っていたので、内心で( ない、ない )と軽くツッコんでおきました。
今まで小さい子が出ていて、下から見上げているので確かに大きくは見えましたが、いくらなんでも2メートルとは・・。(笑)

おそらく小若クラブでは、このS君の大黒様は見れないでしょうが、お子さん達の新ネタが見られるはずですのでお見逃しなく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

重松流サミットその1

重松流サミットその1
重松流サミットその1
こんばんは。
Nです。
今日は、所沢中央公民館にて重松流始租・古谷重松生誕180年記念祭、重松流サミット2010が開催されホールでのパネルディスカッションや重松流関連資料の展示、太鼓の皮張り実演、また3ステージにて実に33団体の重松流囃子の実演が行われ立川からは、錦東会さんと中里神明囃子連さんが実演に参加されました。

家のパソコンで大体所沢駅からの場所を頭に詰めて行ったのですが、全く逆方面に行ってしまい本来15分で着くところを50分近くかかって到着。着いたときには汗だくになっており運動不足の体には応えました。

錦東会さんの実演10分くらい前だったので、楽屋の外にいたひょっとこ様に挨拶し、早速ステージ前に行くと五月会あお様と柴一囃子連の番場次郎様がすでに陣どっており一緒に見学。

錦東会さんの模様はその2で・・。

終わったあとに西三ツ木囃子連さんの外道様と中郷囃子連さんの木原のkwazu様と初めてお会いし、名刺交換させて頂きました。
お二人は、たちかわ小若クラブにもお越し下さるようで、外道様から「6月27日は、ちゃんと空けておりますよ。」と言われ、お二人はひょっとこ様からひょっとこ様以上のお囃子好きと聞かされておったので、肥えた目で見られると思うと大変恐縮してしまいます。

あくまで "小若"なので、暖かい目で見ていただけますようお願いします。

錦東会さんの実演が終わったあと、ひょっとこ様、S君などと立ち話をしてから、あお様、番場次郎様と昼食。

ちょっと歩いた所に、中華料理屋があったのでそこで食事をしたのですが、いやはやマズイのなんの。ミシュランの調査員に一千万円のワイロを渡しても星半分も貰えないんじゃないかという感じ。
しかもなかなか出てこない。
僕とあお様は、味噌ラーメンと半チャーハン、番場次郎様は麻婆丼。
味噌ラーメンは麺がほぐれてないうえ、あまり味がなく薄い味噌汁に麺を入れた感じでした。
さらにチャーハンも味がなく、チャーハンで最も大事な調味料である塩を全くふってないんじゃないかという致命的な味。
あお様は麺を持ち上げた瞬間「なんだこれ!」と思わず声を上げていました。その麺は、直径3、4センチくらいあったでしょうか。
数十本の麺が仲良く固まり、3本の矢じゃあるまいしそんなに強くなってどうする!という案配でした。
当然私のもあお様のに負けず劣らず超極太麺で、麻婆丼のほうも何だかなあとゆう感じらしく番場次郎様も微妙な面持ちでした。
そんなセンスのない味ながらも次の中里神明囃子連さんの実演時間が迫っていたため、文句をいいつつ口に駆け込んで、食べ終わると食後の余韻に浸る間もなく店を出ました。

余談になりましたが、楽しい時間である食事時間が悲しいものになったので書かずいられませんでした。ホントはもっと細かく書きたいのですが・・。

で、中里神明囃子連さんの実演。

こちらは、その3で。

中里神明囃子連さんの実演が終わると、暑さと着くまでにかなり歩いたのですでに疲労しており、またあお様も戻るということなので、各位にご挨拶をして帰路へ。番場次郎様は最後まで見るとのことでした。

途中、高齢者用具を売っているお店の軒先に杖が売っていたので小道具として使えないかと思い衝動的に買いました。
あお様が気がついたのですが、軒先の商品に混じって呑気に猫が寝ていてかわいいのでパチリ。

それにしても、各地から33団体も一同に集まる重松流は凄いですね。同じ市町村ならまだしも本日は、9市町からの参加で、重松流を継承されている団体の重松流に対する誇りと思い入れの強さが、よく分かる重松流サミットでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

正式名称決定

こんばんは。
Nです。
昨日高松会館にて第一回目の実行委員会が行われ、長らく立川子供おはやし大会という仮称でしたが、各団体実行委員の方々からの色々な案を議論した結果「立川おはやし保存会〜たちかわ小若クラブ〜」と決定致しました。
子供がメインのイベントなので、何々大会とか堅苦しいのはやめようということや放課後のクラブ活動みたいな感覚でということで、柔らかいイメージのタイトルになったと思います。
またそれにともない実行委員会も実行部となり委員は部員ということになりました。最重要法案が可決されたあとは、当日スケジュールや各団体の役割担当などがスムーズに決定していきわずか1時間の会議で大まかな重要事項は、大体決めることができました。

当日のスケジュールは、来週半ばくらいまでに立川おはやし保存会HPにてPDFファイルで公開されると思います。
また、参加団体には事前に20部配布されますのでご確認頂けますと幸いです。
会議後に各実行部員の方々に会場を下見して頂きました。
あと会議中に「更衣室はあるのか?どうなんだ!ええっ!」と、我々の若手につっこまれ、キレイサパッリ忘れてたのを思い出したのですが、何とか隣の部屋を抑えることができました。ただあまり広くないので、可能な方は家から着替えて来て頂けると助かります。

細かいことは次回の部会で最終決定していく予定ですので、部員の皆さんよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »